自力でコンプレックスを解消できない時は

まず整形外科でトータルの相談を

美容整形にはいろいろの分野があります。目の周辺の問題だったり、歯の形だったり、頬にできているほくろなどの突起物だったり、顔全体の課題だったり多様です。まず自分の状態を客観的に理解することが大事です。顔の容貌にコンプレックスがあるときは、人間には容貌を含めて個性が大事であることを理解しましょう。有名な芸能人を見てください。美人である人は意外に多くないことが理解できます。コンプレックスになっている事象は、往々にして人にない個性であることを理解すべきです。それでも明らかに整形した方が望ましいと考えられるときは、最初は美容整形外科の訪問を避けて、一般的な整形外科で自分の希望を相談してみてください。コンプレックスに対する客観的な判断を入手することが重要です。

相談相手を広く求めよう

コンプレックスが非常に強く我慢できないときもあるかも知れません。ご自分の美容整形願望がケースによっては意外なところから発現していることがあります。小さな不運が続き、自分の顔を見るのもいやになったことからコンプレックスが始まった例もあります。このような場合は精神科医を訪問することも効果的です。日本では、精神科訪問は特殊視されがちですが、外国では大統領など国家のトップですら専任の精神科医がいる場合があり、日本では精神科医に気軽に相談する風土を形成する必要があります。学生の場合は、最近はいろいろの悩み相談のコンサルタントが配置されている学校が多くなってることは非常にいい傾向だと理解されます。コンプレックスは精神分野の課題ですから、家族、友人、先生、健康相談コンサルタント、医師の活用を広く考えることが重要です。いずれの場合も少しばかりの勇気が必要ですが、人生は積極的な姿勢が重要です。